1998年フランス大会以降では初の屈辱となった

注目は6チーム中5チームが勝ち上がった南米勢と、4チーム中3チームが残った北中米カリブ海勢。一方、13チームが出場した欧州勢は前回王者のスペインをはじめ、イタリア、イングランドといった優勝経験国が不振で、番狂わせの原因を作った。

各チームのエース級選手が期待どおりの活躍をしているのも特徴。ブラジルFWネイマール(22)、アルゼンチンFWメッシ(27)、コロンビアMFロドリゲス(22)、オランダFWロッベン(30)、ドイツFWミュラー(24)らがハイレベルの得点王争いを繰り広げそうだ,威哥王

内訳は欧州6、南米5、北中米カリブ海3、アフリカ2。日本を含め4チームが出場していたアジア勢は3分け9敗で未勝利に終わり、32チームで争われるようになった1998年フランス大会以降では初の屈辱となった。ブラジルW杯は1次リーグの全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する16チームが決まった。

 

 
相关的主题文章:

Tags:

Comments are closed.